冠水車 買取

修理で乗りたくないし(=_=)

信じられません、、この前の台風で会社に止めていた僕の愛車トヨタ・アルファードが水没しました(´・ω・`)
窓のところまで冠水してたので完全な冠水車です。水没したのは僕だけじゃなくその日出勤していた人みんなです。
水が完全に引いてからエンジンを恐る恐るかけたらかかったけど、車内はめちゃくちゃ(T_T)
特に匂いがすごいです。

 

冠水車,買取,査定,買い取り

会社の車に詳しい人は冠水車じゃこのまま乗れないので買取してもらうと言っていました。僕も車内清掃をお願いした車屋さんに査定額を聞いたら金額0円と言われました(;_;)
「まだ年式新しいのに。嘘やろ!?」と思って、すでに買取査定をした会社の先輩に聞いたら買取専門店をすすめられました。

 

ネットから数社に一括見積りできるからと言われて、すぐに査定してみたんですが予想以上の買取額にビックリ!

 

現在アルファード品薄だからこの価格でどうですか?と言われました。
これは金額下がる前にとすぐにお願いしましたよ〜しかも即日現金振込みだったので嬉しいような悲しいような微妙な感じ(^_^;)
ただ、冠水車って今はいいけど電気系統の故障とかで半年くらいでエンジンかからなくなったり、走らなくなったりするって聞いたことがあるので、異常のない今のうちに乗り換えたほうが良いと思ってそうしました。

 

乗換えの頭金にもなったし、先輩に教えてもらって良かったです。
下記に冠水車でも高額買取りしてくれるところを掲載しておきますね。参考にしてください。
冠水車買取のちょっとしたヒントですが、最低でも2社で見積して比較した方がいいです。
そして少しでも高い方、親切な業者にお願いするのがコツです^^

 

カーネクスト


走行距離が5万キロ以下ならば買取額1万円上乗せキャンペーン中なのでまずはカーネクストで査定しました。
レッカー代、書類代行まで無料ということで知り合いはこちらの業者にすぐにお願いしたようですね。

 

他の業者にも一応見積してもらえばよかったのにね。ただ買取額聞いてちょっと僕はショックでしたけどね。僕の買取額の倍近かったから。
やっぱりいろんな業者から見積もり取ったほうがいいと思いました。

 

メーカー、車種、自分の名前、電話番号の4項目だけでザックリと査定額が出ます。
ただ年式、走行距離、都道府県に任意項目も入力したほうが金額アップするかもしれませんよ。

 

>>カーネクストの公式サイトはこちら

 

廃車ひきとり110番


この業者も高い買取額で評判の会社です。
口コミで見つけました(*^-^*)
冠水車・水害車大歓迎と公式サイトでも宣伝しているので安心です。業者によっては冠水車はお断りしているところもありますから。

 

水没車(冠水車)、事故車、不動車、放置車、改造車、廃車にしたいけれど手続きでお金がかかるのは嫌だから、敷地内に放置しているボロボロの車でも引き取りに来てくれます。
高値が付くかどうかは年式とか車種を入力すると概算で見積金額が送られてくるのですぐに確認できますよ。

 

車名、年式、車検満了日、走行距離、自力走行可能かどうか、自分の名前、電話番号、都道府県名、市区町村名を入力すればOKです。
下に「ご連絡事項」という項目があるので、「そこに査定額は電話じゃなくメールでお願いします」と入力すればメールで教えてくれます。忙しい時には助かります。

 

>>廃車ひきとり110番の公式サイトはこちら

 

carview(カービュー)

カービュー事故車査定
同じくスバル・レガシーが冠水した同僚のYさんはカービュー系列の会社に引き取ってもらったといってました。

 

オンライン無料一括査定システムってスゴイですね。
年式や車種、走行距離の簡単な入力だけですぐに見積もり金額を提示してくれるんですね。

 

自分が住んでいる近場の最大8社から連絡が来て金額を教えてくれますが、会社によってバラバラなんですよね。
高額買取りしてくれるところがすぐに探せてすごいサービスだと思いましたよ。

 

>>今すぐに査定額を知りたい人はこちら

 

タウ


自分の車が水没が原因でエンジンも掛からないし、走行不能というのなら廃車を念頭に見積もりしてもらうしかないですね。
エンジンかかるし走行出来る状態ならカービューが一番高く買い取ってくれると思いますが、うんともすんとも言わない状態ならカービューだと逆に安い金額だと思いますよ。

 

タウは出張見積りが全国対応だし無料でも見てくれますよ。
過去にはどのくらいの買取金額だったのかは公式サイトの上部にある「買取事例」から見ることができますよ。

 

>>タウの公式サイトはこちら

 

 

 

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 新潟 栃木 山梨 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 三重 静岡 大阪府 京都府 兵庫 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄県

初乗りカローラ

あれは私が大学生の頃、冬は1時間に一本しかバスが通らない田舎に住んでいたので「これじゃ学校に通えない!」ということで免許を取得しました。
初めての車は母親の友人から5万円で譲ってもらったかなり古いカローラ。まだカセットテープとラジオしか聞けない車で聞くために好きな音楽を入れたテープを用意し
毎日ウキウキ気分で登校していました。
そして何カ月か乗り、慣れてきた頃ちょうど夏休みだったので少し遠くまでドライブに出かけようと思い車を走らせました。
すると、なぜかボンネットからモクモクと煙が出始めて「なんだなんだ!?」と思っているうちにエンジンがブルルルルンとなって止まってしまいました。
近くにガソリンスタンドがあったので、そこまで行こうと何度かキーを回しているとようやくエンジンがついたのでやっとの思いでガソリンスタンドに車を持っていき見てもらうことが出来ました。
原因を聞いてみたところ、エンジンオイルがずっと入っていない状態で走っていたので壊れてしまったということでした。
よくよく思い出してみると、車を貰った時からメーターの近くでずっと赤い表示がでていました。私は最初から付いていたのでそういうものかと思って気にも留めずにいましたが、まさかそれがオイルを入れてくださいのサインだったとは・・・
それからはこまめにオイルを入れるようにしています。